仏壇の価格と購入ポイント

仏壇の価格は、材質の種類がとても多かったり、ほとんどが手作りということもあって、かなりの開きがあります。仏壇の普通ランクのものなら価格はだいたい40万円から100万円くらいが多いようです。実際に仏壇購入にかける費用も30万円から60万円くらいが主流のようです。仏壇購入の際のポイントですが仏壇店によっては初売りや催事の際2割増商品券を販売するお店がありますから購入予算が決まっているばあいは商品券を購入しておくのも割安購入のコツの一つです。

金仏壇であれば、小型で安いものなら45万円から50万円くらいです。ただ、中型以上のものになると150万円以上するようです。唐木仏壇では、小型のものであれば1万5000円くらいからありますが、最高級の木材を使って最高の細工をした高級品なら800万円を超えるものもあるそうです。

家具調仏壇では、価格は5万円以上からあるそうです。高級なものでは、50万円以上や100万円以上のものもありますので、まずは価格にこだわらずに、いろいろな仏壇を見て、自宅の雰囲気や他の家具などの色、部屋の大きさにあったものを選ぶと良いと思います。仏壇は比較的高額商品に入るわけですから購入の際「だめもと」でいいですから値引きをお願いした方がいいと思います殆んどのお店が値引きしてくれると思います、又仏壇購入後毎日使用する線香やローソクの消耗品もサービスしてくれるお店がありますから、やはり購入の際にお店の方に聞いて見るとよいと思います。

仏壇が部屋を改造しないと安置できない場合があります、購入の前には安置する場所を採寸して、安置する場所にあった仏壇を探す方法と、仏壇にあわせて安置する場所を改造する場合があると思います、いずれにしても仏壇店の方によく相談することが大事です安置する場所を改造する場合は仏壇店に改造を頼みますと専門の業者を紹介したり直接職人さんを派遣してくれますし、部屋の改造だけでなく換気口の設置が必要な場合もありますから様々な助言をもらい設置した後で後悔しないようにしたいものです。そして仏壇の飾り方も大事なことです、宗派によって仏壇の飾り方は大きく違ってきますし又これまで使っていた仏壇があれば仏壇 処分も仏壇店の方に相談した方が良いでしょう。

墓石も仏壇も、先祖やなくなった家族をしのんでお参りするには、とても大切なものです。どちらを購入するときでも、後のトラブルを無くすために、少しでも疑問に思ったことは店の人にどんどん質問して、材質や形はもちろん、価格の面でも自分の満足できる墓石や仏壇を購入してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。