若い方が弔電を打つ時

訃報を聞きながら、何かと忙しい現代社会では通夜や葬式に参列できない場合もあります。大切な人をなくし悲しみの遺族となった友人や知人に言葉を掛けるのはとっても難しいものです。遺族と親しくお付き合いしている場合は直接メールを送るということでも良いですし、そうでなければ弔電を送るのがベターでしょう、電報の体裁ながら手書きのメッセージを香典と一緒に送れる「マネーレタックス」という郵便局のサービスはとっても便利で、上手に活用したいものです。弔電は電文を自分で考えて送ってもいいがNTTの定形文も無難に使えます弔電の宛名は必ず喪主に送り失礼のないように自分で電文を考えた時は自分で何回もチェックすると同時に年配の方にも今一度チェックしてもらうと良いでしょう。

>>葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方について確認する<<
タグ:遺族 電文 弔電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。