葬式 参列 弔問の時期

弔問の時期やお手伝いの仕方は、故人や遺族とのおつきあいの親しさによっ
て変わってきます。遺族の気持ちを考えることが一番ですが、自分の立場を
わきまえた適切な行動をとるように心がけるのが大切です。

 不幸の知らせを受けたら、通夜・告別式の日時、時間、宗派を忘れずに確認しまう、
近しい親戚の場合はすぐ駆けつけ通夜・葬儀は喪主側の立場になります
 遠方の親戚の場合はすぐに駆けつけるかは状況をみて判断します通夜。葬儀には参列し、参列できない時は弔電を打ち後日お参りします。

親戚でも普段疎遠にしている間の場合は、通夜か葬儀には参列し参列できない場合は弔電を打つと共に香典を郵送します。

親しい友人の場合はすぐ駆けつけます、手伝いを申し出ますが 長居はしないようにします。通夜・葬儀には参列します。

普通の知人の場合は通夜、葬儀、告別式のいずれかにさんれつします。

疎遠な知人の時は通夜、葬儀、告別式のいずれかに参列し参列できない時は
香典を郵送しましょう。

ご近所の場合は直ぐ駆けつけ状況により手伝います、通夜、葬儀、告別式
と参列します。

会社の上司の場合は直ぐ駆けつけ裏方として手伝います、通夜、葬儀。告別式には参列します。

亡くなった方や喪家との付き合いの程度で関わり方は考えます、喪家の立場に立った行動を考えるのが大事です。
[PR]葬儀を頼むのはどこが良い


タグ:通夜 弔問
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。