変貌する葬儀

私達の生活の中で伝統とかしきたりという言葉は、ほとんど死語に近いものになってきて、歌舞伎や能などの古典芸能の中にその言葉を見出すほど
普段の生活では縁のないものだと思います。

そんな中、現代社会で伝統とかしきたりを残しているのは葬式が一番にあげ
られると思います。

しかし葬式において「伝統的」と考えるものも歴史の中ではそんなに古いものではなく、明治以降の近代化の中でつくられてきたものです。

都市部においては、葬儀の変遷はめまぐるしいほどで、僅か100〜150年のあいだにはなはだしいものがあったと思います。

都市部を離れた地方においてはまだまだ伝統的な葬儀というものが残って
地方の地域社会に溶け込んではいますが 都市部における葬儀の変貌同様

今後地方においても葬儀のあり方は変わっていくことは否定できない事だと思います。

[PR]樹木葬


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。