葬式 喪主 喪主の役割

喪主は故人に代わり葬儀を主催し、弔問を受ける立場ですから、
故人といちばん近い人が務めます。
以前は法律上の相続人で主に男性がつとめましたが、最近では性別
にかかわらず、故人ともっとも緑の深い実質的な後継者にあたる人
が喪主になることが多くなっています、女性でも当然喪主をつとめることができます。
 夫や妻が死亡したときはその配偶者が、配偶者が死亡しているとき
や高齢の場合は同居している子供またはそれに近い子供の順序で決めることになります。
結婚して姓が変わっている子供でも差しつかえありません。
子供がいない場合は親か兄弟姉妹、あるいはおじやおば、甥や姪がなること
もあります。やむを得ず未成年の子供が喪主になる場合には、おじなどの
親族のなかから一人が後見人となります。
子供が親よりも先に死亡した場合は、父母のどちらかが喪主をつとめます。
故人に縁者がいない場合は、友人などが施主としてつとめることができま
すが、施主は葬儀だけでなく、引き続き法事などの施主となることも多い
ですから、供養を責任を持って行える人であるかどうかを配慮しながら選ぶことが大切です。

 さまざまな会葬者の弔問を、通夜・葬儀を通して受けるのが、喪主の
第一の役目です。雑用はしないようにして、動き回らずに故人のそばに付
き添う位置にいるようにします。
 弔問客の応対だからと言って席を離れてまであいさつにまわることはありません。たとえ弔問客が目上の人であっても玄関まで見送るのは避けるべきで、失礼にはあたりません。
 葬儀などの細かい段取りは世話役を決めてお願いします。しかし、
さまざまな決定は、最終的には喪主の責任ですから、その都度報告してもらうようにします。

 弔問にはていねいに応対しますが、一人の人と話し込んでいると、
後がつかえてほかの人に迷惑をかけてしまいますから注意しましょう。
 お悔やみの言葉に丁重にあいさつをして「ありがとうございます。故人もさぞ喜んででいることと思います」など、簡潔に礼を述べ、病気などで死ん
だ場合の状況や死因については、故人と親しかった人を除いてこちらから説
明することは控えます。
http://raousousiki.seesaa.net/article/62019921.html


タグ:危篤 喪主 遺族
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。