葬式を考える

近年散骨・自然葬・海洋葬などこれまでなかった葬式のあり方に関心が高まっています あるアンケートによると自然葬を肯定する意見が5

5%を超えていると報告されています 核家族化 少子化等により墓の継承が難しくなってきたことや 従来の墓地をつくるため自然破壊に繋

がることへの反発もあるようです カネばかりかかる従来の心の籠もらない葬送への反発もあるでしょう。NPO法人「葬送の自由をすすめる

会」では自然葬についての考え方を次の文にまとめていす。「自然葬は、故人の遺志とそれを尊重する遺族の意思によって、つまり自己決定

によって海、山などの自然の大きな循環の中に遺体、遺灰を還す葬法である。万葉の昔からの伝統的葬法を現代に復活させるとともに、墓地造成による環境破壊を防ぐ葬法である」と。  


| 葬式
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。