仏壇を購入する時は

もしも身近な人が亡くなった場合、四十九日法要までに仏壇一式を準備する必要があります。仏壇を購入するときには、本尊や花立、香炉などの仏具も一緒に必要になりますので、仏壇本体だけではなく、仏具を含めた予算を立てなければなりません。

仏壇購入にあたり考慮しなければならないのが宗派のことです、自分の菩提寺が何宗で何派に属しているかを良く理解しないと宗派に合わない仏壇を購入することになります。この辺は仏壇店に行くと必ず聞かれることになります。

仏壇を購入するときに、価格はもちろん重要ですが、仏壇は一度購入すると、それから長い年月使うものですので、価格だけにとらわれるよりも、気に入ったものを選んだ方が良いと思います。前もって仏壇を置く部屋や場所を決めておいて、寸法をきちんと計っておいた方が良いでしょう。

信頼できてアフターサービスをきちんとしてくれる仏壇店で購入することが、仏壇店を選ぶポイントとしては一番大切なことです。有名なお店が必ず良いとは限りませんし、無名で小さくても良い仏壇店はたくさんあります。信頼できる仏壇店は規模にはまったく関係ありませんので、仏壇店を最低でも3軒は見て回ることをお勧めします。

仏壇の種類には、黒檀や紫檀を使った日本の伝統的な唐木仏壇や、漆塗りに金箔が施してある金仏壇、マンションなどの洋間のフローリングに合わせた新しい仏壇である家具調仏壇などがあります。そのほかに、仏壇の形式の種類には、上置型や地袋付仏間用、台付型があります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。